相談室について

about

▼代表プロフィール

▼代表プロフィール

<代表>木下 秀美

認定精神保健福祉士・自閉症スペクトラム支援士(STANDARD)

<代表>木下 秀美

略歴

・1961年:岡山県生まれ

・1979年:龍谷大学文学部文学科英文学専攻入学、就職により3年時退学

印刷会社に20年勤務、デジタル制作部長、常務取締役など歴任

・2003年、放送大学教養学部3年次編入学、「心理と教育」専攻、卒業

・2005年:京都医療福祉専門学校通信部〔精神保健福祉科:一般養成課程〕入学、卒業
「教育と人間関係の相談室カンナ」開設(2005)

・2007年:精神保健福祉士資格取得
NPO法人、障害福祉サービス事業所などで不登校・ひきこもり状態、神経発達障害・精神症状などのある方・ご家族の支援に従事(2005-2012)

・2010年:放送大学大学院修士課程「人間発達科学プログラム」入学

・2012年:同 修了(学術修士)

・2013年:(公)日本精神保健福祉士協会研修認定精神保健福祉士認定

・2014年:自閉症スペクトラム支援士(STANDARD)認定

・2018年:(公)日本精神保健福祉士協会認定精神保健福祉士認定

・2020年:(公)日本精神保健福祉士協会認定成年後見人ネットワーク「クローバー」登録

相談室開設以後、神経発達症・障害(発達障がい)を基軸として、精神保健福祉専門相談、認知行動的アプローチを主体とした各種心理療法(カウンセリング)、発達相談支援、成年後見人等としての権利擁護活動、障害福祉サービス事業における支援員、小規模事業所におけるメンタルヘルス・コンサルテーション、キャリアアップ助成金制度の有期実習型人材育成コースにおける精神障害保健福祉領域のOff-JT(座学)外部講師等、自殺防止対策・自死遺族支援、学校事故・事件被害者・家族支援等、対人援助活動を行ってきました。
2019年よりアコースティックギター弾き語りを中心とした音楽活動を再開。
「hidemik」のアーチスト名でオリジナル曲制作、DTM化、YouTubeや音楽配信サイトで楽曲を紹介しています。
(「ギター弾き語り活動のご案内」をご覧ください)

略歴

資格・所属学会など

・精神保健福祉士(登録番号 第30579号)
・自閉症スペクトラム支援士(STANDARD)
・日本児童青年精神医学会会員
・日本自閉症スペクトラム学会会員
・日本社会臨床学会会員
・日本子ども虐待防止学会会員
・子どもと親のそだちを語る会『そだちカフェ』・アドバイザー
・乙訓不登校を考える親の会『大地』・アドバイザー 他

資格・所属学会など

著書・共書など

・著書:「不登校自殺」,かもがわ出版(2002/05)
・共著:「どう関わる?思春期・青年期のアスペルガー障害」,かもがわ出版 (2006/01)
・共著:「自殺で家族を亡くして—私たち遺族の物語」,三省堂 (2008/08)
修士論文:「自閉症スペクトラム(ASD)特性のある成人へのスキル獲得レディネスの発達の視点による、段階・状態別のサポート事例に見る有効な支援と課題」

著書・共書など

放送大学大学院 文化科学研究科 人間発達科学プログラム 修士論文

自閉症スペクトラム(ASD)特性のある成人への
スキル獲得レディネスの発達の視点による、
段階・状態別のサポート事例に見る有効な支援と課題
 

 

木 下 秀 美(091-820293-7)
放送大学大学院  
文化科学研究科 人間発達科学プログラム
 
                     研究指導責任者  星 薫 准教授
                      研究指導担当教員 星 薫 准教授
            (2011年12月)
 
修士論文(修正)配布用 木下秀美201112.pdf

放送大学大学院 文化科学研究科 人間発達科学プログラム 修士論文